2021/03/01 18:32

日本酒のあれこれ(2)

日本に来た外人と話をしていて日本の魅力の話になると、決まって言うのは日本の四季の事です。日本以外でも四季は当然あります。だが彼らの感想は四季のメリハリと、四季を楽しむ国民性です。日本酒に関心を持っ...

2021/02/23 17:38

3.3.3は何の日

3月3日は何の日?1956年日本耳鼻咽喉学会が制定した耳の日。そしてあのヘレンケラーにサリバン女史が指導を始めた日。電話を発明したグラハム・ベルが生まれた日。そして大事な桃の節句が令和3年3月3日なのです。 ...

2021/02/23 17:34

日本酒のあれこれ(1)

日本という国は四季もはっきりしており、四季折々と共に自然や生活での言葉遣いでも微妙な表現が沢山あります。それはお酒に関して、その温度についても他国では表現できない機敏な日本語が存在します。日本酒を...

2021/02/16 18:34

甘酒のうんちく

お米を作る日本の歴史では古来、渡来人と渡来物を含めてお酒の歴史と甘酒も広く人々に親しまれていました。奈良時代の歴史書「日本書紀」に書かれている酒造りの神木花咲耶姫(このはなさくやひめ)が今日の甘酒「...

2021/02/16 18:30

お酒に対する誤解を解こう

日本酒は飲むと太りやすくなると言われたことがあります。日本酒がお米から造られ、お米は炭水化物であるということからの発想だと思われます。焼酎はカロリーが低いので焼酎を飲むという人が多いのですが、実は...

2021/01/26 13:24

お酒を飲めない人がいるのですか?

飲ん兵衛の多い環境の中で育つと、酒を飲まない人がいる事を不思議がる人がいます。私は北海道生まれで北海道育ち、小学5年で赤玉ポートワインを飲んで初めて酔いました。寒いところで暮らしているとお酒が生活...

2021/01/14 12:26

1月20日は甘酒の日

1月20日は一年の中で最も寒さが厳しい日とされていますが、この日は「甘酒の日」の記念日なのです。身体が温まる飲み物として、日本の一番寒い日「大寒」の日に日本記念日協会により認定・登録されました。甘酒に...

2020/12/22 15:24

麹のあれこれ

お酒や甘酒に使われる麹ですが、その表記に二種類あるのを知っていましたか。「麹」と「糀」です。どちらもコウジと読みます。実は、「糀」はお米に麹菌を加えたものを指しており、「お米に花が咲くように生える...

2020/12/17 11:50

クリスマスを甘酒調理で祝おう。

コロナ過で感染の広がりと外出の自主規制やGoToトラベルの中止等、息詰まる状況のなかで、クリスマスが近づいています。こんな時だからこそ、せめて家庭や身近な人たちと、楽しい時間を過ごしたいものです。イン...

2020/12/03 16:04

江戸っ子の喉を潤した下り酒

小説やお酒の話の中で、「江戸っ子の喉を潤した下り酒」という表現があります。この下り酒という意味をよく聞かれます。実は、お酒の歴史と物の流れでいえば「下り酒」と呼ばれたのは関西からのお酒です。関西か...

2020/11/25 12:47

お釈迦様の食べたのは甘粥?

甘酒は、日本の伝統的な甘味飲料です。見た目はどぶろくに似て混濁していますがアルコールは入っていません。甘粥(あまがゆ)とも呼ばれています。様々な栄養素と大量のアミノ酸が入っているので、栄養剤の点滴と...

2020/11/19 14:51

俳句では白酒の季語は春。それでは甘酒は?

コロナ過で巣ごもりの昨今、趣味も兼ねて俳句が流行っています。俳句には季語が必要ですね。桃の節句には白酒が飲まれます。ひな祭りなどに添えられますね。この白酒は、焼酎やみりんなどを用いて時間をかけて作...

2020/11/03 17:55

酒は百薬の長

「酒は百薬の長」とは、紀元前の歴史書「漢書」にかかれている言葉です。江戸時代の儒学者貝原益軒の「養生訓」にも「酒は天下の微禄なり。少し飲めば陽気を助け,血気をやわらげ、食気をめぐらし、愁いを去り、興...

2020/10/27 16:10

東洋医学と西洋医学。そして甘酒

かつて、鍼灸の学校の教授と話をして、印象的だった言葉を覚えています。==============================「東洋医学と西洋医学は根本的に違います。東洋医学は、患者の治癒力に働きかけ自分で治すことが基本で、...

2020/10/13 16:09

米麹甘酒と脳と腸

脳腸相関~脳と腸が結びついているという意味~確かにストレスを感じると胃が痛み、便秘や下痢を起こす事が知られています。ストレスだけでなく、腸の不都合―便秘や下痢の状態では、気持ちや判断力に影響がある事...